【ゲーミングスマホ】スマホゲームを本気でするならこれだ!

スポンサーリンク
ゲーム情報
ゲーム情報
スポンサーリンク

スマートフォンでゲームをしているときに「ちょっとカクカクするな」「本体がすぐに発熱する」などの悩みがありまよね。

そんな時は高性能な「ゲーミングスマートフォン」がオススメです。

スポンサーリンク

そもそもゲーミングスマホとは?

ゲーミングスマホは普通のスマホと違って、処理能力や高解像度のディスプレイで3Dゲームや高負荷のゲームをプレイするのに適したスマホです。

高負荷のゲームをプレイする際には、高速な「CPU」が必要です。

CPUとは、処理能力の事でこの数値が高いほど処理能力が高くゲームやアプリなどを快適に使用できます。

iPhoneだとほとんどの機種がスマホゲームに適した処理能力なのであまり気にする必要はないと思います。

Androidは基本的にSnapdragonに続く数字が大きいほど最新かつ高性能です。

その他にも「RAM」や「リフレッシュレート」などの数値が高いほど高性能で良いスマホです。

ゲーミングスマホを選ぶ基準
  • 画面サイズが6インチ以上が見やすく操作がしやすい
  • CPU(処理能力)が高いほど快適にゲームができる
  • バッテリーはなるべく4000mAh以上を見安に
  • リフレッシュレートは数値が高いほど滑らかな描写

エイスース(ASUS) ROG Phone 5 ZS673KS-BK256R16

ASUSのROG Phone最新シリーズで5Gにも対応していて、Snapdragon888を搭載されています。

RAMは16GBと大容量なので動作の重いゲームでもサクサク動いてくれる。

画面サイズは6.78インチと大きく、リフレッシュレートは144Hzで滑らかに映像が写ります。

バッテリーも6000mAhと大容量で外でも長時間ゲームをプレイできます。

充電ポートが側面にあるので充電中に横画面のゲームをしている時にコードが邪魔になりません

ゲームを楽しめる機能が満載でオススメできるスマホです。

ROG Phone 5 まとめ
  • 5G対応でSnapdragon888搭載
  • 画面サイズは6.78インチと大きめ
  • バッテリー6000mAhで大容量
  • 充電ポートが側面にあるので邪魔にならない
  • リフレッシュレートは144Hzで滑らかな描写

ヌビア(Nubia) REDMAGIC 6S PRO

ヌビア(Nubia)から発売されたRedMagicシリーズ最新機種で5G対応でSnapdragon888を搭載しています。

RAMは12GBでストレージが128GBと大容量でゲームをサクサクとプレイできる。

画面は6.8インチの有機ELを搭載し、ノッチもないので画面いっぱいに映像が表示されます。

リフレッシュレートはなんと165Hz!ゲームや映像が滑らかに表示されます。

冷却ファンが内臓されており、スマホが発熱するのを防いでくれるため、快適にゲームがプレイできます。

ショルダートリガーボタンを使用すればゲームコントローラーみたいにスマホを操作できるので、FPSやアクションゲームにオススメの機能です。

その他にもゲームをプレイする際に便利な機能が盛り沢山なゲーミングスマートフォンです。

REDMAGIC 6S PROまとめ
  • 5G対応でSnapdragon888搭載
  • 画面は6.8インチの有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレートは165Hzなのでヌルヌル動く
  • 冷却ファンが内蔵されていて発熱とは無縁
  • ショルダートリガーボタンで直感的な操作ができる

シャオミ(Xiaomi) Black Shark 4

XiaomiのBlack Sharkシリーズ最新機種で、Snapdragon 870が搭載されたミドルスペックのスマホですが、ハイスペックにも引けをとらない高機能が満載です。

価格は6万円前後と今回紹介するゲーミングスマホの中でも1番安くコスパがいいです。

1つ前のモデルBlack Shark 3と比べてCPU機能12%UPGPU機能10%UPしているのでより快適にゲームが楽しめます。

RAMは8GBでストレージは128GBとゲーミングスマホとしては少し控えめな気がします。

画面は6.67インチで有機ELを採用しているので大画面で綺麗な映像を表示できる。リフレッシュレートは144Hzと高めなところもポイントです。

また横持ち時にL Rボタンを使用できるのも特徴で、ゲームコントローラーみたいに直感的に操作できます。

Black Shark 4 まとめ
  • Snapdragon 870搭載でゲームが快適に
  • 6万円前後でハイスペックなゲーミングスマホが買える
  • 画面は6.67インチで有機ELを搭載
  • リフレッシュレートは144Hzで滑らかに動く
  • 横持ち時にLRボタンがコントローラーみたいでGOOD
  • 普段使いとしても十分な性能、値段

アップル(Apple) iPhone 13 pro

みなさんご存知のiPhone最新シリーズのiPhone13proで5Gに対応しており、A15 Bionicチップを搭載しています。

画面は6.1インチと他のゲーミングスマホと比べて少し小さく思うかもしれませんが、iPhone12と比べるとノッチ部分が20%小型化しているので画面が大きく感じられます。

リフレッシュレートは120Hzと高く自然と滑らかに描写してくれます。

RAMは6GBでゲームをするには少し物足りない感じもしますが、普段使いでは問題ないです。

ストレージは128GB、256GB、512GB、1TBと4種類のラインナップがあるので、ゲーム中心に使用するなら128GBか256GBくらいで十分です。

iPhone13pro まとめ
  • A15 Bionicチップ搭載で高速化
  • リフレッシュレートは120Hz対応
  • 画面は6.1インチで有機EL(OLED)を搭載
  • 4種類のストレージが選べる
  • 普段使いとしても十分過ぎる程

いかがでしたか?

スマホで本格的にゲームをするならゲーミングスマホを買っておいても損はないですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました